新着情報

招待選手について

尾瀬戸倉 尾瀬国立公園マウンテンマラソン プレ大会に参加いただける招待選手を紹介します!星野 由香里 選手、横内 祐太郎 選手、大塚 良軌 選手の3名です。

Read More »

大会コンセプト

また来たい。

尾瀬のファンに

折り返しの富士見田代の先にあるアヤメ平は標高1900mオーバーに位置する湿原で、『天上の楽園』と呼ばれています。素晴らしい自然のある『尾瀬』に『また来たい』と思ってもらえればと思っています。

登山道の復活

昭和 30 年代前後までは尾瀬のメイン登山道といえば富士見峠だった時代がありました。富士見峠から徒歩 15 分で着く『天上の楽園』と呼ばれるアヤメ平がメインスポットでした。整備が進み、鳩待峠、大清水登山口と尾瀬ヶ 原、尾瀬沼へのアクセスの利便性がよくなり、富士見峠からの尾瀬内へのアクセスが遠のきました。 そこで本イベントを通して地域、人と山をつなぎ、富士見峠の利用率増加を目的とした発信をするイベントとしたい。また併せて、新たな層に尾瀬国立公園を認知してもらえるイベントとしたいと思っています。

ようこそ山岳マラソンへ

本格山岳レースへの参加はちょっとハードルが高いと思われているロードランナーの皆様にも安心して参加いただける、林道を主体とした心地よく登って降ってこれるシンプルなコース設定になっています。

またマウンテンマラソンと名前がついていますが、折り返しの500m区間はなんと木道がコースになっています。尾瀬のマナーを知ってもらえるように歩行区間を設定し、少しだけでも尾瀬を感じて欲しいという想いがあります。

エントリー

大会概要

10/31(日)

18 ㎞ / 800mD±

1.0 ㎞ / 70mD±(Kids)

10月 31日(日)に尾瀬戸倉スキー場で開催!カテゴリは「富士見峠コース 18㎞/800mD±(制限時間5時間)」と 「キッズレース 1.0 ㎞/70mD±」の2つ!尾瀬戸倉スキー場から富士見峠まで登り、歩行区間の富士見峠を周遊した後、登ってきた道をゴールまで一気に駆け下りる!

スケジュール

10/30(土)

12:00~17:00
受付(尾瀬ぷらり館)

10/31(日)

7:00~8:00
受付(スノーパーク尾瀬戸倉)

8:30
富士見峠コース ウェーブスタート

9:00
キッズレース スタート

13:30
富士見峠コース制限時間

開会、閉会式、表彰式はコロナ感染状況に応じて実施。

コースマップ

富士見峠コース

尾瀬戸倉スキー場から富士見峠まで登り、歩行区間の富士見峠を周遊した後、登ってきた道をゴールまで一気に駆け下りる!

折り返しの500m区間はなんと木道がコースになっており尾瀬のマナーを知ってもらえるように歩行区間が設定してありマラソンの中に少しだけでも尾瀬を感じて欲しいという想いがあります。

歩行区間のルールと林道での走行について下の画像を必ずご確認ください。

キッズレース

アクセス/宿泊

ダウンロード

KATASHINA MOUNTAINS SERIES

HOTAKA SKYRUN

前武尊山のピークを目指す距離5.5kmのMAEHO VERTICAL、バーティカル入門編の距離4kmのOGUNA VERTICAL、スカイラン入門の距離12km/累積標高550mのMINI SKYRACE®、距離25.5km/累積標高1,450mのHOTAKA SKYRACE®、本格スカイレースの距離23㎞/累積標高1,500mのHOTAKA EXTREMEを2日間にかけて開催した。

日光白根山アセント

群馬県北部・片品村と日光市に境にある関東以北最高峰で百名山の日光白根山を舞台とした大会。 スタート地点は標高1400m、ゴールのロープウェイ山頂駅の標高2000mまで、特徴的な岩砂地のゲレンデを駆けあがる登山レースに

尾瀬岩鞍VK

尾瀬岩鞍VK

バーティカルキロメーターの基準を満たした日本スカイランニング協会公認のコース。3枚の斜面を登り(降り有り)スタート地点から見えるゴンドラ山頂駅まで一気に駆け上がる。ウェーブで1人ずつスタートしていくスタイル。中盤にある斜度45度オーバーの『ジャイアントウォール』と名付けられた走れない斜面をいかに攻略するかがポイント。

かたしな高原
スノーランニング

スキー場の営業が終了した後にゲレンデを登って下るシンプルなレース。今年のプレレースは距離3.9kmを2周するコース設定で、2周の合計で距離は7.8km/累積標高800m。