招待選手について

尾瀬戸倉 尾瀬国立公園マウンテンマラソン プレ大会に参加いただける招待選手を紹介します!

星野 由香里 選手、横内 祐太郎 選手、大塚 良軌 選手の3名です。

星野 由香里 選手

コメント

この度は記念すべき第一回目の尾瀬国立公園マウンテンマラソンにご招待いただきありがとうございます。

国立公園の中で大会を開催するということは、本当に大変であり貴重なことです。 そんな特別な場所を走れること、とてもありがたいことです。

尾瀬の大自然、楽しみにしています!

プロフィール

日光の山々をフィールドとしながら、国内外のレースに参戦している山岳ランナー。 日本代表としてスカイランニング世界選手権には3回連続出場。2022年の参戦も決まっている。

日光国立公園マウンテンランニング大会コースディレクター、宇都宮トレラン大会アドバイザーなど大会運営にも関わりながら、 夫婦で日光を拠点にアウトドアガイド業兼アウトドアショップも営んでいる。

2015・2017・2019スカイランニング日本選手権ウルトラ 優勝 2018UTMF 4位 2021スカイランニング世界選手権 9位 男体山24時間連続登頂記録 8往復

横内 祐太郎 選手

コメント

尾瀬片品村は大学時代に毎年夏合宿で使用させて頂き、箱根駅伝に向け自信が深まる練習を積む事ができました。

また、社会人になってからは日光白根山を中心に片品エリアにて”山を走る事”の楽しさを教えて頂きました。 個人的に思い入れの深いそんな尾瀬片品村にて開催されるレースを走れる事、大変嬉しく思います。

当日は尾瀬の景色と参加者皆様の笑顔が見られる事を楽しみに、全力で駆け抜けます。

プロフィール

2013 年 箱根駅伝出場
2015 年 箱根駅伝出場
2019 年 IAU トレイルランニング世界選手権日本代表
2019 年 OSJ ONTAKE100k 優勝
2019 年 OSJ 奄美ジャングルトレイル 優勝
2019 年ハセツネ 30k 2 位
2019 年 IzuTrailJourney 2 位
フルマラソンベスト 2 時間 16 分 42 秒

大塚 良軌 選手

コメント

片品村には、上武大学時代に毎年合宿で訪れていました。起伏のあるコースでトレーニングする事で年々力をつけ、4年時に箱根駅伝初出場を勝ち取る事ができました。

大学卒業以来、13年ぶりに片品村に行くこと、雄大な景色の中をランナーの皆さんと共に走れる事を非常に楽しみにしています。

プロフィール

熊本国府高校
05年 全国高校駅伝出場 上武大学
09年 箱根駅伝10区14位

愛知製鋼
09年 名古屋ハーフマラソン6位(日本人1位)
13年 別府大分毎日マラソン4位
15年 福岡国際マラソン7位(日本人3位)
16年 ニューイヤー駅伝7区9位

現役引退後
19年スリーピークス八ヶ岳1位
19年 サロマ湖100kmウルトラマラソン5位
20年MEIHOトレイルラン2位

〈ベストタイム〉
5000m 14分08秒
10000m 28分56秒
ハーフマラソン 1時間03分29秒
フルマラソン 2時間11分40秒
100km 6時間42分02秒